トップ >  演歌・歌謡曲 >  大城バネサ >  プロフィール

大城バネサ

プロフィール

出生名/大城 バネサ
生年月日/1981年11月26日
血液型/O型
出身地/アルゼンチン・ブエノスアイレス
活動期間/2003年~
アルゼンチン生まれの日系アルゼンチン人2世(父親は沖縄県
生まれの日系1世、母親は祖父母が沖縄県出身の日系2世)。
祖父母が沖縄県出身のため、幼少の頃から沖縄民謡や日本の音楽に親しみ、日系人の間で開催されるカラオケ大会などで演歌を唄い始めた。3歳の時に最初に人前で唄った曲は、牧村三枝子さんの「みちづれ」。日本の歌(主に演歌)は、衛星放送の歌番組や日本の親戚から送られてくるミュージックビデオやカセットテープを何回も聴き、歌詞をアルファベットに直して独学で覚えた。

2001年10月に行われた「NHKのど自慢」アルゼンチン大会に憧れの坂本冬美、鳥羽一郎がゲストで来る事を知り、同じステージに立ちたくてオーディションを受け出場し、優勝。その際、坂本冬美に同行していたレコード会社東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)のスタッフにスカウトされた。2002年3月、東京・渋谷のNHKホールで開催する「NHKのど自慢・チャンピオン大会」にアルゼンチン代表で出場し、海外勢初の(平成13年度)グランドチャンピオンとなった。(歌唱曲は、門倉有希の「女の漁歌」)
同年、来日。来日時は母国語のスペイン語しか話せなかった為、日本語のレッスンとボイストレーニングを始め、2003年8月、「鴎も飛ばない海だよ」でEMIミュージック・ジャパンよりデビュー。
ステージでは主にパンツ・スーツ姿で張り唄を中心に歌ってきたが、第5弾シングル「翼 かさねて」ではドレス姿でしっとりとした女唄にも挑戦している。
2008年8月には、沖縄県人移民100周年記念式典のイベントに参加し、来日して6年ぶりに故郷のアルゼンチンで凱旋公演を行い、1500人を動員した。また、同年9月に発売した7枚目のシングル「火の酒よ」(c/w「さよなら岬」)では、原点に返り、久しぶりに勢いのある張り歌演歌になった。
最近では本人の努力で日本語をかなりマスターし、日常会話にはほとんど支障が無いが、周りに男性スタッフが多いため男言葉になってしまい、番組出演やステージなど人前では気をつけて話しているという。
現在は東京から岐阜県羽島市に拠点を移して活動中。
2010年6月24日に、自身の飲食店「cafeteria Vanesa/カフェテリア バネサ」(岐阜県羽島市福寿町平方6丁目36番地VANEビル)をオープンした。

  • アーティストトップ
  • プロフィール
  • リリース情報