トップ >  演歌・歌謡曲 >  みやさと奏

みやさと奏

東日本大震災を故郷岩手県宮古市で経験し、翌 2012年恩師で作曲家、叶 弦大氏書き下ろしによる「風港」でデビューした“みちのくからの新星”みやさと奏。
昨年6月に発売した前作「もいちど生まれてくる時は」から約1年振り、通算6作目となる新曲です。
今作の舞台は北海道室蘭。愛にはぐれた女性が、愛を求めて北の大地をさすらう悲恋演歌。海を舞台にした楽曲はデビュー曲「風港」、2作目「かもめ町一丁目」に続き3作目。 19才でデビューしたみやさと奏も作品と共に成長し現在24才。恋する大人の女性の切なさや苦しさを見事に表現した待望の新曲です。

新着リリース過去のリリース情報を見る

室蘭恋はぐれ

2017年05月03日発売
室蘭恋はぐれ
CD / TKCA-90956
\1,204+税

もいちど生まれてくる時は

2016年06月08日発売
もいちど生まれてくる時は
CD / TKCA-90820
\1,204+税

ながれ星

2015年09月02日発売
ながれ星
CD / TKCA-90720
\1,204+税

最新のお知らせ過去のお知らせを見る