トップ >  J-POP >  村松崇継 >  プロフィール

村松崇継

プロフィール

1978年生まれ。浜松出身。国立音楽大学作曲学科卒業。
高校在学中にオリジナルのピアノ・ソロ・アルバムでデビュー、これまでに自身のピアノを中心とした5枚のオリジナル・アルバムをリリース。作曲家としても早くからその才能が注目され、大学4年在学中の2001年に映画『狗神』、2002年には映画『突入せよ!あさま山荘事件』、2004年NHK連続テレビ小説『天花』の音楽をNHK歴代最年少で担当する。
これまでに50タイトル以上の映画、TVドラマ、舞台等の音楽を手掛ける。主な作品としては映画『クライマーズハイ』
『オリヲン座からの招待状』『夕凪の街桜の国』『大奥』『大奥~永遠』『遺体~明日への10日間』などがある。その中にはモントリオール世界映画祭受賞作品(映画『誰も守ってくれない』『アントキノイノチ』)など、国際舞台でも高く評価
された作品が含まれている。最新作としては映画『抱きしめたい』がある。

クラシックからポピュラーまで、国内外の幅広いジャンルの著名アーティストへ、楽曲提供も多い。特にイギリスのボーイソプラノ・ユニット、リベラが歌う「彼方の光」は、NHKドラマ『氷壁』の主題歌として大ヒット、世界同時リリースも話題となった。

また、2012年NHK土曜スペシャルドラマ『負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂』の主題歌「この先の道」(作詞:松井五郎)を世界的歌手ジョシュ・グローバンが歌い、その楽曲はアメリカ、イギリスをはじめ世界各国で発売されている。
リベラ以外の海外アーティストとのコラボも数多く、ケルティック・ウーマン、ラッセル・ワトソン、ヘイリー、キャサリン・
ジェンキンス等と共演、ピアノ演奏、編曲も担当する。


2014年スタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』の音楽を担当。同年、第81回NHK全国学校音楽コンクール
(小学校の部)課題曲『ゆうき』(作詞:中川李枝子)を作曲。