トップ >  J-POP >  SPICY CHOCOLATE >  プロフィール

SPICY CHOCOLATE

プロフィール

東京のルードボーイたちによって結成された品川世田谷バッドボーイ・クルー(SBC)が前身となり、94年に活動をスタートさせたSPICY CHOCOLATE。中心人 物であるKATSUYUKI a.k.a.CONTROLER(セレクター / MC)ももともとストリートにタムロするルードボーイだったが、レジー・ステッパーとバーリントン・リー ヴィのSomething In My Heartを聴いたことでレゲエに開眼、一気に東京の夜へと身を投じていくことになった。SPICY CHOCOLATEの当初の活動拠点は、南 青山にあったクラブ、アフロマニア(クルー名を付けたのも同店のオーナー、PAPA TOSHI)。SUNSETやINFINITY 16など同世代のサウンドとリンクしながら、 少しずつその勢力を拡大していく。また、96年には念願だったサウンドシステム〈爆烈〉が完成。98年頃からは妄走族をはじめとするヒップホップ勢との繋がり も増えていくなど、その後の活 動基盤を徐々に作り上げていく。2003年にはSPICY CHOCOLATE所属のBIGGA RAIJIらをフィーチャーした初のオリジナル・ミ ニ・アルバム『RUN DE WORLD』をリリース。そして、2007年には看板コンピ・シリーズとなる『東京RAGGA BLAZE』の第一弾が登場。それまでの活動で培わ れてきたリンクを活かし、彼らにしか生み出せない〈東京ダンスホール・スタイル〉を打ち出した。翌年には同作第2弾『東京RAGGA BLAZE 2』、同じ年の年末 には同作収録曲“この道を”の別テイクで構成された『東京RAGGA BLAZE 外伝』(KEN-U、AK-69、MACCHOらをフィーチャー)が発表されてヒットを記録する。 そして、結成15周年となる2009年6月にはシリーズ第3弾『東京RAGGA BLAZE 3』をリリース。2010年1月には、ラヴァーズナンバーをフィーチャリングした新 シリーズ『東京RAGGA LOVERS』を、そして7月には、『東京RAGGA BLAZE』シリーズ初のベスト盤『東京RAGGA BLAZE BEST』をリリースするなど、これ迄 以上に加速度的にリリースを続け、存在感を確かなモノにしている。そうした作品リリースの一方で、〈BOMBOCLAT NIGHT, Kachi Kachi〉などのレギュラー・ ダンス、ダンサー・コンテスト〈DANCEHALL QUEEN JAPAN〉も主催。また、渋谷初のレゲエ祭「渋谷レゲエ祭」を2009年、2010年と2年続けてを即日ソールド アウトにさせるなど、イベントクリエーターとしての手腕も高く評価されている。常に現場を見つめ、作品を通してその熱気を伝えていこうとするSPICY CHOCOLATEのスタンスは今も昔も変わらない。フロム・トウキョウ・アンダーグラウンド。今日も日本のどこかで彼らの爆音がフロアを揺らしている。

  • アーティストトップ
  • プロフィール
  • リリース情報
  • ミュージックビデオ

MUSIC DOWNLOAD 音楽配信

iTunesからダウンロード

OFFICIAL WEBSITE 公式サイト