トップ >  J-POP >  BUCK-TICK >  リリース情報 >  形而上 流星

BUCK-TICK

リリース情報

形而上 流星
BUCK-TICK

2014年05月14日発売
初回限定盤A CD+Blu-ray / TKCA-74090 / \2,600+税

  • Amazon.co.jpで購入

初回限定盤B CD+DVD / TKCA-74091 / \2,200+税

  • Amazon.co.jpで購入

通常盤 CD / TKCA-74092 / \1,200+税

  • Amazon.co.jpで購入
  1. 01. 形而上 流星 視聴
  2. 02. メランコリア -ELECTRIA-
  3. 03. VICTIMS OF LOVE with黒色すみれ

【初回限定盤特典】
※LIVE 映像「THE DAY IN QUESTION」(2013.12.23 郡山市民文化センター)〈Blu-ray/ DVD〉映像は同一内容
1. STEPPERS -PARADE-
2. 羽虫のように
3. RHAPSODY
4. KISS ME GOOD-BY
5. 太陽ニ殺サレタ
6. LOVE PARADE

※年内発売予定のALBUMとのW購入連動応募特典
※スペシャルパッケージ


【通常盤特典】
※年内発売予定のALBUMとのW購入連動応募特典(初回プレス分のみ応募券封入)


 
黒色すみれプロフィール
ゆか(Vocal、Piano、Accordion)と、さち(Violin)によるデュオ。
2004年「ぜんまい少女箱人形」でCDデビュー。 
クラシック音楽を基調に、フランスのシャンソン、日本歌曲や大正ロマンのテイストをミックスさせたノスタルジックな楽曲が多く「ネオクラシックユニット」と銘打っているが、そのオリジナリティの高さから「オルタナティヴミュージック」と分類されることがある。
その独自の世界観が認められ2007年~2009年にはヨーロッパツアー、アメリカのフェスティバルにも招待されている。
東京都内での演奏活動を中心としながらも、演劇作品や映画、アニメ-ション作品への楽曲提供・出演、ファッションモデルなどその活躍は多岐に渡っている。

アンダーグラウンドのフィールドで活躍してきた二人だったが、近年では黒色すみれの完成された世界観と音楽技術の高さにメディアが注目し、テレビの音楽番組への出演も頻繁になる。昨年末にフジテレビ「MUSIC FAIR」で披露されたオリジナル楽曲「幸福な王女さま」は日本中を新しい音楽の世界に引き入れた。他にも同番組で由紀さおり、氷川きよしなど実力派アーティストとコラボレイトしている。

オフィシャルサイト: http://www.kokusyokusumire.net



BUCK-TICKプロフィール
BUCK-TICK は、日本のロックシーンが急激に加速し始めた80年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロックバンド。 現在活躍するアーティスト達にも今もなお、多大な影響を与え続けている。 
1987年にメジャーデビューを果たし、まさに“バクチク現象”と言える多大な影響をシーンに与え、1989年にリリースされたサードアルバム『TABOO』でチャート第1位を獲得し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。
その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で、ブレイクビーツ、ドラムンベース、エレクトロニカ etc...常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICK でしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。

ライブシーンでも様々なコラボレーションツアーや韓国のイベント出演、国内大型フェスSUMMER SONIC、RISING SUN、COUNT DOWN JAPAN などへの出演やマリリンマンソンとの競演など、常にスリリングでインパクトのある活動を展開。
2005年末には初のトリビュート・アルバム『PARADE~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』(V.A)もリリース。 
そして2007年9月8日、このアルバムに参加した全てのアーティストと共に、初となるBUCK-TICK 主催の大型ロックイベント “BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」”を横浜みなとみらい・新港埠頭特設野外ステージで開催。 前日に台風9 号の直撃を受けながらも当日は晴天に恵まれ、 大成功におさめた。

2010年9月1日にはフジテレビアニメ“ノイタミナ”「屍鬼」オープニング・テーマ『くちづけ』をシングルとしてリリース。2011年12月29日には12 年連続となる日本武道館公演を行い、ニコニコ生中継の来場者数が、ロックバンド史上最高の10万人越えを記録。

2012年、不動のメンバーで迎えるデビュー25周年の記念年にあたり、新レーベル「Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)」を設立。
第一弾シングル「エリーゼのために」、LIVEDVD&Blu-ray「THE DAY IN QUESTION 2011」を5月23日にリリースし、7月4日には第二弾シングル「MISS TAKE~僕はミス・テイク~」、トリビュートアルバム「PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~」を発売。
9月19日には待望のアルバム「夢見る宇宙」を発売、そしてデビュー25 周年を記念してトリビュート・アルバムに参加したアーティストと共に「BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE」を千葉ポートパーク内特設ステージにて9月22、23日開催した。
2013年には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』を全国上映し、話題に。そして今年、劇場公開した映画を1月22日にパッケージ発売。音楽ウィークリーチャートで初登場3位を記録。またその主題歌「LOVE PARADE/ STEPPERS –PARADE-」もウィークリーチャートで9位を記録。
昨年12月に14年連続して行われた武道館公演も瞬時にソールドアウトと、今なおその勢いは止まらない。
  • アーティストトップ
  • プロフィール
  • お知らせ
  • リリース情報
  • ミュージックビデオ

OFFICIAL WEBSITE 公式サイト