トップ >  J-POP >  キノコホテル >  リリース情報 >  マリアンヌの休日

キノコホテル

リリース情報

マリアンヌの休日
キノコホテル

2010年08月04日発売
CD / TKCA-73550 / \2,000+税

  • Amazon.co.jpで購入
  1. 01. 真夜中のエンジェル・ベイビー
  2. 02. ピーコック・ベイビー
  3. 03. 恋は気分
  4. 04. 恋はふりむかない
  5. 05. 謎の女B
  6. 06. 山猫の唄

●映像作品「真夜中のエンジェル・ベイビー」収録!(CD-EXTRA仕様)

------------------------------
8/4発売キノコホテル『マリアンヌの休日』を下記のチェーンでご予約及びご購入されたお客様先着で下記の特典が付きます。

①タワーレコード オリジナル特典→ステッカー 2種
 ・マリアンヌ東雲によるイラストステッカー
 ・マリアンヌデザインの公式ロゴステッカー

②ディスクユニオン オリジナル特典→リバーシブルポスター(A2)

※詳しくは最寄の上記チェーン店までご連絡願います。



洒脱でディープな 夏のヴァ カンス・アルバム  

解説:サミー前田(特殊DJ・ タモリ倶楽部出演者)



 
<収録曲解説>

1.真夜中のエンジェル・ベイビー (作詞:橋本淳・作曲:筒美京平)
1975
年に平山三紀がリリースしたシングルがオリジナルで、近田春夫&ハルヲフォン(78年)、クレイジーケンバンド(2000年) も録音しており、このCDの中では最も有名な作品となります。キノコホテルは、イザベル=ケメ鴨川 が得意とするリヴァーヴの強いテケテケ・ ギターをフィーチャーした人工的なサーフ・ロック・ナンバーに仕上げました。個人的には、マリアンヌ支配人のクールな歌いっぷりには、米軍基地の名残があった70年代の横浜っぽいムードを感じてしまいます。支配人が横浜出身かどうかは知るよしもありませんが。
 

2. ピーコック・ベイ ビー  (作詞:東大寺千弘・作曲:小林亜星)
オリジナルは、1968年、ファッション業界のスローガン「ピーコック革命」にあわ せて、女優の大原麗子がリリースしたシングル。「ピーコック革命」とは「孔雀のように男も華麗になろう」という意味。キノコホテル版で聴くことが出来る、女優魂が降臨したかのような艶やかなボーカルはお見事としか言えません。


3. 恋は気分  (作詞:なかにし 礼・作曲:井上忠夫)
オリジナル は、日劇ダンシングチームから結成された女性コーラス・グループのポピーズが、1974年 にリリースしたセカンド・シングル。井上大輔(忠夫)がデイヴ・クラーク・ファイヴに触発されて書いたロックンロール。他の楽曲もそうですが、コーラスも すべてマリアンヌによる多重録音で、特にこの曲は一人何役もこなしています。


4. 恋はふりむかない  (作詞:阿久 悠・作曲:三木たかし)
オリジナルは1969年、リンガースというC級GS がリリースした唯一のシングル。元々はムードコーラスのグループがGSブームに合わせて単発で発表したもので、数ヶ月後にはムードコーラスに戻り「山岸英樹とサムソナイツ」として再デビューしています。キノコホテルの実演会で大いに盛り上がる、重厚な和製リズム&ブルースの名演です。



5. 謎の女B (作詞・作曲: 平岡精二)
オリジナルは1967年、ビブラフォン奏者で知られる平岡精二が作り自ら歌った作品で、女優、声優として有名な曽我町子もシングルで発表しています。 この選曲ひとつとっても、キノコホテルのセンスは尋常ではないということが顕著にわかるのではないでしょうか。


6. 山猫の唄 (作詞・作曲:TEN LITTLE INDIANS)
日本人の母とポーランド人の父を持つハーフ・モデルのエルザが、1973年にリリースしたデビューシングルがオリジナル。調べによると作詞作曲は財団法人ヤマハがスカウトしたアマチュア音楽家の楽曲だそうです。ギロから始まるエキゾチックなボッサ調の前半から、後半はジャーマン・プログレか?というほどの激しいインプロヴィゼイションで幕を閉じるという、ジャンルを逸脱した不思議な アレンジです。キノコホテルを、GSとかガレージ・パンクなどといったジャンルで分類していた人は さぞかし驚かれることでしょう。


 


  • アーティストトップ
  • プロフィール
  • リリース情報
  • ミュージックビデオ

MUSIC DOWNLOAD 音楽配信

iTunesからダウンロード

OFFICIAL WEBSITE 公式サイト