トップ >  J-POP >  人間椅子 >  リリース情報 >  未来浪漫派

人間椅子

リリース情報

未来浪漫派
人間椅子

2009年11月04日発売
CD / TKCA-73486 / \2,857+税

  • Amazon.co.jpで購入
  1. 01. 太陽の没落
  2. 02. 輝ける意志
  3. 03. 浪漫派宣言
  4. 04. 至福のロックンロール
  5. 05. 愛の法則
  6. 06. 赤と黒
  7. 07. 冥土喫茶
  8. 08. 塔の中の男
  9. 09. 月下に捧ぐ舞踏曲
  10. 10. ヤマさん
  11. 11. 秋の夜長のミステリー
  12. 12. ばっちりいきたい子守唄
  13. 13. 深淵

20 周年お祝いコメント

人間椅子の如く

今を遡ること20年前、青森県出身のソー・ヤングな猟奇的メタル・バンドが、ここまで 進化し、ここまで変化しなかったことを一体、 誰が予想出来たであろうか?
彼らが歌う救いようのない地獄は、英語圏 の“HELL”とは一線を画し、硫黄の煙が立ち籠める恐山の風景や、かつて大怪獣バランが生息していた北上川周辺の鬱葱とした秘境が見える。人が本当の意味で救われるのは、人でなくなった時。そんな仏教的な諸行無常感が漂っている。そのやるせないほどのドロドロ世界観は衰えるどころか進化を続け、今やドロドロ絶倫バンドの風格を呈している。
『進化はすれど、変化はしない』 これは今まで適切な和訳が見つからなかった“キープオン・ロケンロール!”の真意であり、人間椅子がその長い歴史の中で証明してきた意固地なまでのポリシーと察する。要するにカッコイイ!のである。彼らは三途川で悪魔に魂を売った唯一無二のバンドなのだ。

みうらじゅん




Bandは、3年で土台が出来て5年で旬を迎える。
10年の持続は、支持者の応援は勿論だが、妥協と忍耐の日々を積み重ねた結果だ。

20年は達観した感性と寛容の精神で熟成期を迎える。
『頭脳警察』も今年は40周年を迎える。
お互い思い切り楽しんでやろうじゃないか♪

PANTA☆




人間椅子は軸がぶれない。そしてその軸は男子中学生時代からのものじゃないかと思う。はるか彼方のミュージシャンにあこがれ、必死でレコードを聞き、洋楽雑誌を読みあさり、NHKヤングミュージック・ショウがあればカセットに録音し、なんならテレビ画面を写真に撮り、やがて楽器を持ち、自分も同じ地平に立ちたいと練習する。あのピュアハートがいまだに軸になってるんだろう。

そもそもブラックサバス的なものと日本情緒を合わせてみようという発想。悪魔 教VS恐山だ。いかにも男子中学生的ではないか。しかもあろう事か、彼らはそれを大木に育て上げた。
ミュージシャンとしてはとっくに、かつて憧れたミュージシャンを越えているだろう。ティーンネイジャーのピュアハートを持ったまま、揺るがぬ大木に育った。世界でもまれな例ではないだろうか。人間椅子は「偉大なる男子中学生」である。 人間椅子に触れる度、心から感嘆する。そしてなぜか「ありがとう」と言いたくなる。日本の音楽界は人間椅子を守らなければいけない。

水戸華之介(水戸華之介&3-10chain,ex.アンジー)




人間椅子のメンバーと仲良くなったのは、93年頃、筋肉少女帯の企画ライブに出演してもらったのがきっかけだったが、彼らの生演奏を初めて見たのはその数年前、フジテレビのスタジオだった事を思い出した。確か、夜のヒットスタジオ(!)に一緒に出演した時、彼らのリハーサルをこっそり覗きに行ったのだ。その時以来すっかり人間椅子のファンになっちまい、こっそりCDを買って聴いていた、こっそりと。
そんな私のように、昔から彼らを追っかけているリスナーには、今回のベスト盤はとても感慨深い。 また入門編としても人間椅子の歴史を知るにはうってつけのアルバムである。
20年間ひとつのバンドを続けるというのは並大抵の事ではないのよ! 
そりゃもうイバラの道。
だが人間椅子は、初めて聴いた時と同じ、揺ぎない音楽性を持ち続けて、今ここにいるのだ。ありがとう、人間椅子、おめでとう~!

内田雄一郎(筋肉少女帯,水戸華之介&3-10chain,扇愛奈とザ・セクターズ)




日本を代表するロック・バンドと聞かれたら、俺は人間椅子って答えるよ。そし て20周年のベスト・アルバム、これは重いね!

秋間経夫(Rama Amoeba,ex.Marchosias Vamp)




SYMPATHY FOR 人間椅子! 
人間椅子に出会えて良かったよ!
これだから人生面白い!
深く愛して、長く愛して、人間椅子!

広瀬‘HEESEY’洋一(TYO,ex.THE YELLLOW MONKEY)




まずはこのスタイルを20年に驚愕&リスペクト!
今回このベストを改めて聴いて想ったこと、それは「カッコイイ」って事。アートロックっつーか、プログレ色の濃い面も最高です。唄との融合がまた絶妙で、あと 何年でも行けそうなタフなオリジナリティを感じてしまいました。
20 周年おめでとうございます!

MAD大内(TYO,OVER/UNDER,ex.ANTHEM)
  • アーティストトップ
  • プロフィール
  • お知らせ
  • リリース情報
  • ミュージックビデオ

MUSIC DOWNLOAD 音楽配信

iTunesからダウンロード

OFFICIAL WEBSITE 公式サイト