トップ >  コンピレーション >  R40's 本命哀歌~エレジー~

コンピレーション

R40's 本命哀歌~エレジー~
V.A.

2011年01月12日発売
CD / TKCA-73615 / \2096(税抜\1905)

  • Amazon.co.jpで購入
  • クラウン徳間ミュージックショップで購入
  1. 01. 石狩挽歌/北原ミレイ
  2. 02. 赤色エレジー/あがた森魚
  3. 03. みれん/五木ひろし
  4. 04. 男と女の破片/前川清
  5. 05. 悪魔がにくい/平田隆夫とセルスターズ
  6. 06. エレジー~哀酒歌~/吉幾三
  7. 07. 別れの予感/日野美歌
  8. 08. メモリーグラス/堀江淳
  9. 09. くちなしの花/渡哲也
  10. 10. 積木の部屋/布施明
  11. 11. 大阪で生まれた女/萩原健一
  12. 12. 悲しい色やね/BORO
  13. 13. 昭和枯れすすき/さくらと一郎
  14. 14. あんた/千昌夫
  15. 15. 女の川/森若里子
  16. 16. 私は泣いています/りりィ
  17. 17. 恋挽歌(こいばんか)/伍代夏子
  18. 18. 倖せさがして/五木ひろし


哀愁のエレジー歌謡・・・泣きウタの原点が18 曲!

エレジーとは、悲しみを歌った詩などの文学、楽曲のこと。
日本語では悲歌(ひか)、哀歌(あいか)、挽歌(ばんか)などと訳される。
語源は古代ギリシアの“エレゲイア”で、ある種の韻律、さらに死を哀悼する詩を指していました。

代表的な作品としては、“七里ヶ浜の哀歌”近江俊郎の“湯の町エレジー”「エレジーの女王」と呼ばれた菅原都々子の“江の島悲歌(エレジー)”など、古い楽曲が多いのですが、今回の企画ではあまり『哀歌』『悲歌』『挽歌』などのタイトルに拘らず、現代社会の悲哀も感じられる、哀愁を帯びた演歌・歌謡曲といったコンセプトとともに、知名度の高い歌手と楽曲でアラ4 世代に刺激的な楽曲を収録します。